NEWS

服飾芸術科の最新ニュース

POINT
服飾芸術科 学びのポイント

ファッションをトータルに学べる環境、
ビジネスに直結した履修モデルにより、
あなたのスキルを高め、感性を磨きます。

ファッションが好き。
その気持ちが、あなたを大きく成長させます。

裁縫学校として創立された本学の原点とも言える「モノづくり」の精神を大切に、ファッションを体系的に学べるカリキュラムを用意しています。将来の目標に応じて5つの履修モデルがありますが、どのモデルを選んでも理論と実践がバランスよく学べるよう工夫しています。

たとえば販売の仕事に就く場合でも、洋服の構造や生地、色彩についての知識があることで、質の高い仕事ができるからです。不器用さんでも大丈夫。大事なのは「ファッションが大好き」という気持ちです。意欲ある学生の入学をお待ちしています。

CONTEST

将来に役立つ、3つのコンテスト

ESMOD FASHION GRAND-PRIX

「アパレルデザイン」モデルの学生達が授業の中で制作した作品を、ESMOD TOKYOの先生が審査し、表彰します。大賞はオープンキャンパスにて発表します。

2015年度受賞作品 作品テーマ「立体デザイン」

戸板女子からESMOD JAPONへの編入プログラム

戸板では、ESMOD JAPON東京校と協定を結ぶことで、デザイナー、パタンナーを目指す学びの特別プログラムを作成いたしました。戸板の2年間でファッションの基礎を学び、ESMODの2年間でプロフェッショナルを目指すという合計4年間の学校間連携人材育成プログラムです。この協定により、戸板女子短期大学に在籍していながらESMODの先生の授業を受けることができます。

*ESMOD:フランス、パリに本校があり世界15か国、23校を展開し、世界で最も古く歴史があり世界で活躍するデザイナー、
クリエーターを養成しているインターナショナルファッションスクール

ENTERTAINMENT GRAND-PRIX

2015年度受賞作品 作品テーマ「オリジナリティ」

「エンタテインメント」モデルの学生達中心に授業の中で制作した作品を服飾芸術科の先生方が審査し、優秀賞を表彰します。大賞は8月のオープンキャンパスにて発表します。

MARIE de TOITA GRAND-PRIX

「アパレルビジネス」モデルの学生達を中心に授業の中でプレゼンテーション作品を服飾芸術科の先生方が審査し、優秀チーム、優秀2作品を選出します。
芸術性とビジネスセンスの双方を磨くことを目的としています。

2015年受賞作品

LEARNING

日本最大級のファッションイベント「GirlsAward」の裏側を学ぶ

日本最大級のファッションイベント「Girls Award」の実行委員による特別公開講座実施!
「Girls Award」の主催者である、ガールズアワード総括プロデューサー餅野様・出演者をお招きし、「Girls Award」ができるまでをビジネスの側面から、そのビッグイベントを裏で支えている人たちの仕事についてお話しいただく『ガールズアワードの裏側にせまる!』ガールズアワード特別公開講座」が行われました。
もう一人スペシャルゲストとしてモデルとして第一線でご活躍中の浦浜アリサさんもお招きして、浦浜さんのモデルとしてポリシーや、モデルから見たファッションショーの裏側についてもお話しいただきました。
「Girls Award 2015 SPRING/SUMMER」では本学服飾芸術科の在学生がインターンシップとして、出演モデルのフィッティングをサポートしました。