ヘルシー通信

おいしい物がいっぱいの秋だから…… 食生活に気をつけて!~


2004年度11月号 「おいしい物がいっぱいの秋だから…… 食生活に気をつけて!~」

食欲の秋!美味しい物がたくさんありますね。秋の夜長、夜更かしして、ついつい食べ物に手がのびている…そんな人はいませんか?

簡単、手軽なダイエットなんてありえない!?

やせたいけれど、つい食べ過ぎ…。と言いつつ、世の中は健康志向、ダイエットブームで「○○を食べればやせられる」「○○サプリでダイエット」など気になる情報もいっぱい。
でも、本当にそれで大丈夫でしょうか?
答えは…NOです。ダイエットの基本は、「急がば回れ!」残念ながら、日々の地道な努力が必要なのです。
スピードダイエットは、リバウンドを繰り返し、結局やせるどころか元の体重より増えてしまったり、栄養のバランスを崩して、病気をひき起こしてしまう原因にもなるのです。

標準体重を知ろう!

健康的にやせるためには、まずあなたの標準体重を知っておきましょう。標準体重、つまり健康を維持するための理想の体重です。
最近の若い女性たちは、体型に関係なく、スリム志向がありますが、やせすぎの状態はかえって美容にも良くないのです。

標準体重[kg] = (身長[m]) 2 × 22

体重管理をしよう!

目標とする標準体重が求められたら、体重を毎日測定し、グラフ化しましょう。
ちょっと面倒なようですが、1日に4回体重測定しグラフにすると、生活習慣や食生活の乱れなどがわかります。
起床直後・朝食摂取直後・夕食摂取直後・就寝直前の計4回測定します。
これなら朝と夜に測定するだけなので、学校や仕事に差し支えることはありません。
規則正しい食生活の場合、下のグラフのように朝食と夕食摂取後の体重は増加しますが、就寝直前と起床直後は体重が減少します。

グラフの形が崩れているときは食生活に何か問題(欠食・食べ過ぎ・間食など)があった時です。
体重管理をすると、自分の食生活の問題を振り返ることができ、計画的なダイエットができるのです。
ただ、食生活を見直すだけでは効果は上がりにくく、必ずリバウンドがきます。
あわせて運動をすることも忘れずに!
季節の美味しいものを味わい、頭と体を賢く使って、美しく健康に過ごしましょう。

 

応用栄養学研究室 西山良子(管理栄養士)