この職業を選んだアナタは…

服飾芸術科【エンタテインメントモデル】で学びましょう!

どんなスキルが身につく?

人の心をつかみ、楽しませるエンタテインメント的な要素は、現在、どのような仕事でも求められるようになっています。エンタテインメントに関する幅広い知識と、アイディアを形にする方法を学び、どう見せるとより魅力的になるのか、そのためにはどのようにしたら良いのかという、今の時代だからこそより強く求められているプロデュース力、ディレクション力を身につけていきます。

特殊メイクができるようになる

特殊メイクのデザインや彫塑(ちょうそ)、型どりなどの基礎知識を学び、血のりなどベーシックな特殊メイクの技術が習得できます。

アニメーションの世界を
現実のカタチにする方法

自分でキャラクターを考えて、実際に絵コンテを描いてアニメーションを作ったり、アニメに関連した服飾アイテムを作ったり。アニメーションの世界をカタチにする方法を学べます。

舞台や映画など、
魅せる衣装を作りあげる技術

演劇や映画のメイクアップや衣装の歴史を学び、実際にエンタテインメントの世界に触れ、コスチュームなどのアイテムを作ります。

どんな職業がめざせる?

OGに聞いてみよう!仕事のこと

大木 奈津子さん, 大木 亜紀子さん

女優・タレント

大木 奈津子さん(左)
SDN48 2期生メンバーとして活躍

都心にキャンパスかある戸板は、仕事との両立に最適な環境。ファッションを学びたくて入学しましたが、経済学や哲学などの授業もとても興味深かったです。色彩検定やファッション販売能力検定などの資格も取得しました。2年間の学びで得たことは、すべて仕事をする上で役立っていますし、応援してくださった先生方にも本当に感謝しています。

女優・タレント

大木 亜希子さん(右)
SDN48 2期生メンバーとして活躍

ファッションについて幅広く学べるのに加え、一般教養も身につけられることに魅力を感じ、戸板に入学。数えきれないほどたくさんのことを学びましたが、なかでも舞台衣装の第一人者である朝月先生の授業、それにビジネスマナーの授業は今でも印象に残っています。知識や技術だけでなく、社会人としてのマナーもしっかり学ぶことができた2年間でした。

コンテンツトップへ