TOITAだより

【国際コミュニケーション学科】海外短期留学UCR体験記


img_9919

 

戸板女子短期大学では、2018年8月3日から8月25日の約3週間、国際コミュニケーション学科1年生2名が、奨学生としてカリフォルニア州立大学リバーサイド校エクステンションセンターでの短期留学プログラムに参加しました。

 

TOITAFes2018 ~SURIUS~でも、10月26日10時より「海外短期留学プレゼンテーション」を披露いたしますので、ぜひご来場ください。

 

 

toitafes2018

 

 

 

海外短期留学UCR体験記

戸板女子短期大学 国際コミュニケーション学科1年 サフルガ アライサ ケイト マグナイエ

 

私は奨学生としてカリフォルニア州立大学リバーサイド校エクステンションセンターでの3週間の海外短期留学に参加しました。午前中は学校で英語の授業を受け、午後は様々なアクティビティに参加しました。

 

授業では、グループワークを行ったり、hostfamilyやリーダーシップについてのプレゼンテーションをしました。クラスメイトには日本人も多くいましたが、英語でコミュニケーションをとるように心掛けました。宿題は英単語について調べたり、土日にしたことについてのエッセイを書いたりしました。

 

アクティビティでは、現地の大学生と一緒にダンスやカラオケ、クイズなどをして、とても楽しい時間を過ごすことができました。また、放課後は一緒におしゃべりを楽しむこともありました。学校の送り迎えはホストファザーとマザーが交互でしてくれました。私は助手席に乗ることが多かったため、たくさん会話をすることができました。そのおかげで、日が経つにつれ英語でスムーズに会話することができるようになりました。

 

私はあまり積極的ではないのですが、hostmotherの「喋らなきゃ英語は上達しない!」という言葉が印象に残り、その通りだと思いました。それからは、学校で何をしたかを伝えたり、hostfamilyにありとあらゆることを尋ねたりすることで、お互いをより深く知ることができました。ホームステイ先では、motherとfather毎晩夕食後一緒に映画を観ました。また、hostfatherはカラオケ好きで、家で一緒に歌うこともありました。

 

この3週間を通して様々な国から来た人と友達になることができました。時には日本料理が恋しくなったこともありました。しかし、明るいhostfamilyが親身になってくださったので、どんな困難も笑って過ごすことができました。辛く悲しかったことも笑顔で乗り切り、楽しい思い出もたくさんでき、様々なことを経験できた一生思い出に残る大切な3週間でした。

 

 

img_2081

 

img_2057

 

img_3565

 

img_2096

 

img_2086

 

img_2084

 

 

 

戸板女子短期大学 国際コミュニケーション学科1年 伊藤そらの

 

 

私は今回、海外短期留学奨学生として8月3日から3週間、カリフォルニア大学リバーサイド校エクステンションセンターのプログラムに参加しました。

 

授業では「プレゼンテーション」「グループワーク」や「ゲーム」を行いました。授業外では、プレゼンテーションの準備や単語の意味調べなどをしました。午後のアクティビティでは、スポーツやTシャツの染め物をしました。また「PA」と呼ばれるプログラムアシスタントと一緒にゲームやカラオケなども楽しみました。

 

休日は、オプショナルツアーに参加し、カリフォルニアディズニーランドやロサンゼルスに行きました。カリフォルニアディズニーランドは敷地面積が日本のものよりはるかに大きく、日本にない乗り物もあり、楽しい思い出になりました。

 

私たちが滞在したホームステイ先のホストマザーとファザーは、映画観賞がとても好きで、毎日夕食後に映画を一緒に見ました。家には、あまり知られていない映画から有名な映画まであり、食後の映画鑑賞から楽しみながら英語を学ぶことが出来ました。 私のお気に入りの映画は“Twilight”や“The Divergent Series”です。どちらもアクション映画でもあり、同時にラブストーリーのため、お互いを想いながら戦うシーンはとても感動しました。

 

ホストファザーは、カラオケも趣味のひとつで、家には立派な機材がありました。私が歌えるジャンルは邦楽のみなので、唯一入っていた「Sukiyaki(上を向いて歩こう)」を歌い、大いに盛り上がりました。

 

最後に、この短期留学に参加する前は、不安でいっぱいでした。向こうに着いてからも、自分が思うように英語で意思疎通を図ることができず、最初は自分が情けなくなることもありました。 しかし、ホストファミリーが私のたどたどしい英語をゆっくり聞いてくれ、また分かりやすい英語で会話してくれたおかげで、字幕なしで映画を楽しむこともできるようになり、充実した3週間を過ごすことができました。

 

 

img_1788

 

img_2110

 

img_1571

 

img_1562

 

img_2006

 

 

 

■ 留学スケジュール

4月下旬 参加希望者学内説明会
5月中旬 面接
5月下旬 参加者決定
6月下旬 留学経験者から留学予定者へアドバイス
7月中旬 出発前オリエンテーション
7月下旬 海外短期留学表彰式
8月上旬 出発
8月下旬 帰国

 

 

海外短期留学プログラム(戸板女子短期大学 推奨)
incorporationmodelimg

 

 

 
本件に関するお問い合わせ先
戸板女子短期大学 入試・広報部 澁谷まで
TEL 03-3451-8383