企業・地域プロジェクト

SHARE

【企業コラボ第4弾】M・A・C表参道ヒルズ店/ラフォーレ原宿店2店舗が発信する公式インスタ プロジェクト

2018-09-11


 

戸板女子短期大学は、全学科1年生488名全員を対象にした総合教養科目戸板ゼミナールにて、プレゼンテーションの学びの一環として、6企業による「産学連携プレゼンテーションプログラム」をスタートいたします。

 

服飾芸術科の16グループは、化粧品メーカーM・A・C「表参道ヒルズ店」「ラフォーレ原宿店」2店舗が発信する公式Instagramのフォロワー数増加につながるような図案をポスター作成し、提案します。

 

 

 

 

 

MAC 産学連携プレゼンテーションプログラムスケジュール

 

最優秀賞、優秀賞の学生チームは、プレゼン通りの構図を表参道ヒルズ店にて撮影。実際にM・A・C公式インスタグラム「表参道ヒルズ店」「 ラフォーレ原宿店」に投稿し、公式Instagramフォロワーからの「いいね数」を獲得できるかテストマーケティングを行います。

 

 

5/31(木) 「プレゼンテーション資料作成の方法、プレゼンテーションのポイント」髙橋 惠一郎 講師

6/14(木) 連携企業からの課題発表、個人ワーク

6/21(木) グループディスカッション、プレゼンテーション資料制作

6/28(木) プレゼンテーション資料制作、プレゼンテーショントレーニング

7/12(木) プレゼンテーション本番、評価

7/19(木) 結果発表、表彰

8/16(木) 表参道ヒルズにてインスタグラム投稿用写真の撮影

9月上旬に公式インスタへ投稿

9月〜10月中旬の期間で、投稿に対する反応と効果を調査

10/26〜27 TOITA Fes2018にて、いいね数NO.1を獲得したグループを表彰

 

 

【M・A・C】産学連携プレゼンテーションプログラムの様子

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

MACについて


メイクアップ アート コスメティックス(M·A·C Make-Up Art Cosmetics)は、カナダのトロントで誕生。
すべての年齢、すべての人種、すべての性別…世界中のファッションウィークのバックステージにおいて、トレンドを発信するプロフェッショナルなメイクアップブランド。
M·A·Cはカラー製品の権威としての地位を確立し、ストリートカルチャーとグラマーなスタイルをミックスし、その圧倒的な存在感で豊富な製品とカラーバリエーションを展開。
プロのメイクアップ アーティストが店舗で接客するのも業界初。
1994年以来、エスティ ローダー傘下のブランドであるM·A·Cは今日、世界105カ国以上で販売。新たなジャンルへの挑戦、新たな製品の開発を続けながら、消費者やプロのメイクアップ アーティストたちのニーズに応えるべく、毎年50以上のコレクションを発表している。

 

 

コンサルタント《企業コーディネート、講義・撮影指導》

ゲスト講師:大平 直毅

 

 

 

 

本件に関する報道お問い合わせ先

戸板女子短期大学 入試・広報部
担当:澁谷
電話:03-3451-8383

 

 


TOPに戻る