企業・地域プロジェクト

SHARE

【国際コミュニケーション学科】ICTゼミが、VR動画を港区と共同制作します。

2018-08-17


 

 

戸板女子短期大学(東京都港区、小林千春学長)は、港区産業・地域振興支援部産業振興課と連携し、東京都港区の観光名所を紹介するVirtual Reality(拡張現実、以下VR)動画を共同開発します。

 

VRや360度動画は、実際にはできないような体験、いけないような場所であっても、あたかもそこにいる感覚を味わう事ができます。

 

今回のVRプロジェクトは、港区の3つの観光名所(東京タワー、増上寺、台場)の観光VR動画・360度動画を、ICTゼミ(別宮玲 准教授)の学生6名が、港区産業振興課と台本や内容などを共に制作。

戸板女子短期大学国際コミュニケーション学科の学生が、ツアーガイドとして、その動画に出演します。

 

またVR視聴の際に使用するゴーグルを、戸板女子短期大学ICTゼミの学生がデザインします。

 

実際には現地にはいなくとも、まるで東京タワーやお台場にいるかのように満喫できるVR動画やゴーグルは、2018年9月20日から9月23日に東京ビッグサイトで開催される 世界最大級の旅の祭典「ツーリズムEXPOジャパン」 港区・港区観光協会ブースにて、公開されます。

 

 

 

プロジェクトの様子

プロジェクトの状況は、戸板女子短期大学公式twitterやインスタグラムで最新状況をお知らせしていますのでぜひフォローをお願いします。

 

 

 

 

本件に関するお問い合わせ先
戸板女子短期大学 入試・広報部 澁谷まで
TEL 03-3451-8383

 

 


TOPに戻る