TOITAだより

1年生488名全員を対象にした「産学連携プレゼンテーションプログラム」が始まります。


 

 

戸板女子短期大学では、本年度、1年生488名全員を対象にした総合教養科目戸板ゼミナールにて、6企業による「産学連携プレゼンテーションプログラム」をスタートいたします。

 

今回プロジェクトに参画していただく「6つ」の企業が実際に抱える問題に対して、戸板女子短期大学 服飾芸術科、食物栄養科、国際コミュニケーション学科3学科の1年生全員がそれぞれグループをつくり、解決案を作成・提示します。 グループディスカッションを通して課題抽出・分析、具体的解決策の作成を行い、最終報告では全員が課題解決案をプレゼンテーションする、企業・学生双方にメリットを生み出す「産学連携プログラム」です。

 

 

産学連携プレゼンテーションプログラム内容

スケジュール(予定):

第1回 5/31(木)「プレゼンテーション資料作成の方法、プレゼンテーションのポイント」髙橋 惠一郎 講師
第2回 6/14(木)「連携企業からの課題発表、個人ワーク」
第3回 6/21(木)「グループディスカッション、プレゼンテーション資料制作」
第4回 6/28(木)「プレゼンテーション資料制作、プレゼンテーショントレーニング」
第5回 7/12(木)「プレゼンテーション本番、評価」
第6回 7/19(木)「結果発表、表彰」

 

場所:

戸板女子短期大学 三田キャンパス 対象: 戸板女子短期大学 全学科1年生 

 

表彰賞品:

最優秀賞(各企業1グループ):賞状+副賞

優秀賞(各企業3グループ):賞状+副賞

ワークシート賞:賞状+副賞

 

 

 

プログラムにご協力頂く企業様

 

株式会社エムズ

ファッションデザインのイラストを作成し、実際に服を制作、販売する

 


 

 

 

M・A・C

商品の発信、プロモーションの提案


 

 

 

エイチ・アイ・エス田町駅前営業所

エイチ・アイ・エス田町駅前営業所の集客イベントの企画


 

 

 

日本電算株式会社

企業説明会で配布するノベルティグッズの開発


 

 

 

株式会社ライスアイランド

雑穀米を使った健康食レシピの開発

 


 

 

 

株式会社LEOC

三ツ沢競技場で実際に販売するスタジアムグルメのメニュー開発

 

 

 

 

プレゼンテーション講師

29666395_1615848181843751_2059123487_n

 

 

髙橋 惠一郎

PRESENTATION PLANNING

プレゼンテーション・プロデューサー

 

2003年に早稲田大学教育学部理学科を卒業後、日立製作所に入社。官公庁をクライアントとしたシステム営業に従事する。その後、金融機関での営業企画や教育系ベンチャーでの新規事業企画を経て、2014年にプレゼンのデザインを手掛けるスタートアップにコアメンバーとして参画。同業界においては異例の「人材育成事業」を立ち上げ、事業責任者として戦略立案および推進を行う。 2016年、プレゼンテーション・プロデューサーとして独立。プレゼンの内容づくりや資料デザイン、伝達技術まで、プレゼンに関するトータルなコンサルティングを手掛ける。これまでに、年商数億円から数千億円規模の大企業、中小企業において、新社会人から経営者クラスまで幅広い層を対象とした指導実績がある。

 

 

本件に関する報道お問い合わせ先
戸板女子短期大学 入試・広報部
担当:澁谷
電話:03-3451-8383