INTERNATIONAL COMMUNICATION & CULTURE NEWS
国際コミュニケーション学科ニュース

【国際コミュニケーション学科】バニラ・エア株式会社 関優子様をお招きし、特別講義を行いました。

img_4040

 

戸板女子短期大学 国際コミュニケーション学科 「エアライン スタディ:CA」の授業において、バニラ・エア株式会社 運航部訓練基準グループ(兼)運航基準グループ 関優子様をゲスト講師として、お招きし、特別講義を行いました。

 

バニラエアは、成田空港から沖縄、奄美大島、台湾やホーチミンなど国内外に路線を有し、低価格で良質なサービスを提供しています。

今回の講義は、「LCCについて」をテーマに、世界の航空市場やLCC誕生、発展の経緯、現在の市場規模、LCCのビジネスモデルなどを、関様にお話いただきました。

 

バニラエアでは、様々なコスト削減の工夫、付帯サービス提供による収入増を計る一方、企業理念に、日本のLCCとして、「低運賃によって人々の交流を促進し、お客様と地域社会に喜びを届ける」を掲げています。

価格を重視するだけでなく、機内、空港内でのサービスの充実や就航率、定時運航率も高く保つなど、質を求める取り組みなどをご紹介していただき、学生達は90分という短い時間の中でたくさんのことを学ぶことができました。

 

また関様ご自身の経験談や在学中に学ぶべきこと、バニラエア、航空業界での仕事、社会に必要とされる人材についてなどについてさまざまなアドバイスをいただきました。

 

 

img_4047

 

img_4044

 

 

講義を受けた「ホテルエアラインモデル1年生」の感想

 

「自分で考え行動できる人」になれるようにこれからの就職活動に向けてスキルアップしていきたいです」(国際コミュニケーション学科1年)

 

「社員一人ひとりの成長を促進させる風土と制度があるバニラエアに魅力を感じました」(国際コミュニケーション学科1年)

 

「昨日より今日、今日より明日」という言葉のように、常に向上心をもちたいと思いました」(国際コミュニケーション学科1年)

 

「FSCとLCCは、ビジネスモデルは異なっても、お客様に最高の時間と空間をお届けするという精神は同じであると感じました」(国際コミュニケーション学科1年)

 

 

お問合せ先
戸板女子短期大学 入試・広報部 澁谷まで
TEL 03-3451-8383