トピックス

【国際コミュニケーション学科】カリフォルニア大学リバーサイド校(UCR)海外短期留学レポート


今年も 戸板女子短期大学国際コミュニケーション学科1年生3名がカリフォルニア州立大学リバーサイド校(UCR)へ短期留学をしました。体験レポートをご紹介します。

 

10/28(金) 戸板祭1日目には「短期留学体験プレゼンテーション」を行います。

 

海外短期留学プレゼンテーション
【日時】10/28(金) 11:00~12:00  
【会場】607教室

 

 

img_2579

 

印象に残っている最終日のプレゼンテーション (松本悠奈)

 

私は海外短期留学奨学生として2016/8/7から8/28までカリフォルニア大学リバーサイド校で3週間のプログラムに参加しました。

 

滞在中、平日は午前中授業を受け、午後はアクティビティに参加し過ごしました。休日はオプショナルツアーに申し込みディズニー・カリフォルニア・アドベンチャー・パークやロサンゼルス、ビーチなどに行きました。
ホームステイは初めての経験でしたが、ホストファミリーはとても優しく毎日の送迎や美味しい食事を用意してくれました。

 

大学の授業ではペアワークやグループワークが中心でした。ゲーム形式で発音や文法を学ぶだけでなく、アメリカのリーダーやホストファミリーについてスピーチやプレゼンテーションを行いました。

その中でも私が特に印象に残っているのは最終日のプレゼンテーションです。このプレゼンテーションでは“Our CAC Experience”というテーマで行いました。私のグループは日本人の留学生だけではなく中国人の留学生もいたのでプレゼンテーションを完成させるまでに英語でコミュニケーションを図るのが大変でしたが、プレゼンテーションを終えたときは達成感を味わうことができました。また中国人の留学生に中国語を教えてもらったり、日本語を教えたり国際的な交流もできました。

 

私はこの短期留学のプログラムに参加しUCRでは年齢や学年が重要ではないように感じました。3週間アメリカで過ごして、勉強することへのモチベーションをあげるだけではなく、異文化理解に対して課題を見つけることができました。ともに参加したグループのみんなやホストファミリー、UCRスタッフのおかげでとても充実した3週間を過ごすことができました。

 

今回の留学に関わってくださった方に感謝し、UCRでの経験を活かして自分を成長させながら短大生活を送っていきたいです。

 

img_4823

 

img_4744

 


 

語学だけでなく人としても私を成長させてくれました (荻原由香)

 

カリフォルニア大学リバーサイド校での短期留学は、新しい出会いと発見の連続でとても充実したものでした。

 

当初自分は授業についていけるのか、先生やクラスメイトの英語を聴きとることができるのかと不安でパンクしてしまいそうでした。しかし単語・イディオムを使ったミニゲームや、コミュニケーションを中心とした授業で‘生きた英語’を楽しみながら学ぶことが出来ました。

 

また、パワーポイントをグループで作成しみんなの前でプレゼンテーションをする機会も何度かありました。もちろん英語でのプレゼンテーションです。私は上手く話そうとするあまり早口になってしまい、先生にゆっくり、はっきりと話すようにと指摘を受けました。初めは難しく感じましたが、アメリカで生活しているうちに「完璧にやる必要はない、自分のできる範囲で全力を尽くそう」と思えるようになり、徐々に英語が上達していくのを自分でも感じました。

 

午後のアクティビティは、クラスメイトや現地の学生とボーリングやダンスをしてとても仲良くなりました。クラスメイトは大半が日本人でしたが、中国や台湾からの留学生もいたので英語を使い、それぞれの国の文化の違いを知ることができました。

 

休日はカリフォルニアディズニーアドベンチャーパーク、ユニバーサルスタジオ、ビーチやアウトレットに行きました。

 

行く先々でアメリカ人の温かさや文化を肌で感じることができ、日本とは違う景色やアメリカの広さに圧倒されるばかりでした。

 

アメリカで沢山の出会いがありましたが、その中でもホストファミリーには感謝してもしきれません。優しくて陽気で、私たちをまるで自分の家族のように扱ってくれました。一緒に過ごしたのは3週間という短い間ですが素敵な思い出ばかりです。

 

今回の短期留学は語学だけでなく、人としても私を成長させてくれました。他国を知ることで自国への理解が深まり、語学を学ぶ楽しさを実感しました。滞在中に出会った全ての人に感謝の気持ちでいっぱいです。

 

この経験を活かしてこれからの人生をより豊かなものにしていきたいと思います。

 

img_6676

 

img_6718

 

 


 

 

今まで以上に積極的に英語を勉強しようと意識が変わりました。(岡田彩香)

 

私は友人の影響で幼い頃から英語に興味を持ち、今まで学んできた英語を使い、実際に外国人とコミュニケーションを取ってみたいという気持ちがありました。そのため奨学生として、カリフォルニア州立大学リバーサイド校エクステンションセンター短期留学に選ばれた時には、嬉しさと同時に戸板生の代表として自覚や責任も感じました。

 

  
月曜から金曜までの5日間はカリフォルニア大学リバーサイド校で授業を受けました。授業内では、英語の正しい発音やミニゲームを通して、話すスキルを中心に学びました。また金曜日ごとにパワーポイントを使ってプレゼンテーションを行いました。

 

人前で英語を使って発表することは初めてだったのでとても緊張しました。最初は発音や文法が合っているか自信が無く、声が小さくなってしまいました。しかし授業内で積極的に英語を使うことで発音や文法よりも自分が伝えたい事を伝えることが大事だと気付きました。また発表の評価シートに先生に「自信を持って」と書いていただき、英語で話すことに自信がつきました。そして同じクラスの留学生は年齢が違ったにもかかわらずとても仲良くなりました。ほかの大学の学生と勉強すると自分の語学力の乏しさを実感し、良い刺激となりました。

 

休日は海やディズニー・カリフォルニア・アドベンチャー・パーク、ユニバーサルスタジオなどに行きました。そして私たちのホストファミリーはとても優しい方で進んでコミュニケーションをとってくれる方でした。また料理がすごく上手で毎食作っていただきました。学校帰りにはスーパーマーケットにも連れていってもらいました。日常生活を体験することで、日本とアメリカの違いなど肌で文化に触れる事ができる貴重な体験でした。

 

この短期留学は英語で会話できる楽しさ、文化の違いを学ぶことができ、それだけではなく今まで以上に積極的に英語を勉強しようと意識が変わりました。

 

img_4957

 

img_4551

 

本件に関するお問い合わせ先
戸板女子短期大学 入試・広報部 澁谷まで
TEL 03-3451-8383