TOITA FASHION NEWS
TOITAファッションニュース

服飾芸術科『TOITAファッションニュースNo.35 『テキスタイルエンブロイダリー』

No.35 『テキスタイルエンブロイダリー』

 

エンブロイダリーembroideryとは、刺しゅうという意味で布、糸、針、そのほかビーズ、スパンコールの素材や用具を使い、装飾するテクニックの総称です。また、染色の技法も取り入れ、各自で染めた布に種々のテクニックを合わせて自由な発想で作品を制作しました。

fashion_no35_01s.jpg fashion_no35_02s.jpg fashion_no35_03s.jpg

 

初めて刺しゅうに挑戦する学生が多くいましたが、最後まで心をこめて1針1針、夢を込めて作成していました。

fashion_no35_04s.jpg fashion_no35_05s.jpg

fashion_no35_06s.jpg fashion_no35_07s.jpg

 

比較的簡単なテクニックを使っているので、初心者にもなじみやすく、作り手の心が反映されて、微妙な違いが個性となって表現されていています。技術のみならず、学生一人ひとりのセンスや感性が「ものづくり」を通して磨かれます。
 

fashion_no35_08s.jpg 可愛いアクセサリーを制作

 

fashion_no35_09s.jpg ミニ額を制作

 

fashion_no35_10s.jpg

「クロスステッチ」でテッシュケースをつくりました。

布目を数えながら表面に2本の糸を交差させます。糸は中央で交差し、交差の方向を一定

に並べて刺します。

 

「絞り染」糸で縫い絞り、藍で染め糸を解くと、白く模様がでてきます。

fashion_no35_14s.jpg fashion_no35_15s.jpg fashion_no35_16s.jpg

 

学生は刺しゅうの技法をしっかりマスターして女子力をアップしたいと、意欲を燃やして受講していました。

 

担当 服飾芸術科 教授 片野 靖子