TOITA FASHION NEWS
TOITAファッションニュース

服飾芸術科『TOITAファッションニュースNo.32 『オーダーメイドウエディングドレス』

No.32 『オーダーメイドウエディングドレス』

 

4月より始まったオーダーメイドウエディングドレスは前期の終りに作品が無事完成しました。その後の様子をお知らせします。

生地を買い、わくわくしながら裁断したものの、予想以上に縫いづらい生地、手間がかかる作業、皆さん苦労しながらなんとか仕上げました。その間には、投げ出したくなる事もありました。そんな気持ちをクラスメイトと励まし合いながら、頑張って完成までたどりつきました。 

 

 fashion_no32_01s.jpg

 

そして8月24日(日)、オープンキャンパスにてMarie de Toita大賞で優秀な作品に対して表彰式が行われました。受賞した人も、惜しくも受賞を逃した人も皆さん「頑張りました賞」です。今年は前年よりカラードレスを製作した学生が多かったので、カラフルです。

   

 fashion_no32_02s.jpg


表彰式で、受賞者は作品のドレスを着ました。皆さんの嬉しそうな笑顔が印象的であり、私も嬉しくなりました。写真はオープンキャンパスでのファッションショーのモデルさん達と表彰式に続いて撮影したものです。この後も友人同士での撮影会がしばらく続きました。

 

 fashion_no32_03s.jpg

 

ドレスと聞くと女子は憧れを抱いてしまいますが、ドレスの製作は想像以上に大変、、、授業も後半になると、こんな言葉がちらほら聞こえてきます。しかし、最後まで頑張り、出来上がった時の皆の顔はいきいきとしています。この授業を通じて最後までやり抜く事、もの作りの楽しさを実感してくれた事が、学生の皆さんにとって一番の収穫ではなかったかと思います。この経験を糧に何事をも最後までやり抜くと言う事は社会に出た時に、きっと活かされると信じています。

 

担当 服飾芸術科 講師 楠 香代子