TOITA FASHION NEWS
TOITAファッションニュース

『TOITAファッションニュースNo.20』を更新しました。

『TOITAファッションニュースNo.20』

 

『ウエディング概論アドバンス』

 

「ウエディング概論アドバンス」では、講師の小川先生がオーナーで恵比寿のプライムスクエアにオープンされたばかりのレストラン「メゾン エメ・ヴィベール」で学外授業を行いました。
フランスのパリのレストランそのものの雰囲気で、すべての空間がエレガントなしつらいです。
川田マネージャーの講義をお聞きした後、館内をグループごとに見学しスタッフの方に説明をしていただき、学生たちは熱心にメモを取りました。
お話の要点をご紹介します。

 

 

<川田マネージャーの講義>

・人の印象は3秒で相手は判断しているそうです。そのため、お客様と接する時、「笑顔」を大切にすることが大切です。ホテルの笑顔の作り方は、P(ピー)と言った時に口角を少し上げながら笑顔をつくります。「Pスマイル」と言われています。

・色々なお客様と接することが多いので、「新聞」を読んで世の中のことを知りましょう。

・社会人は学生時代とは違います。「言葉づかい」、「礼儀作法」をきちんと学び、社会人としての話し方に切り替えることが必要です。

・お客様に対する「立ち姿の基本の考え方」を知りましょう。右手を剣に見立て、左手は鞘(さや)と考えます。剣を鞘に納める手の形、それを体の前で組み、片方の足を5cmくらい引いた形が、お客様に対する姿勢、猫背になりやすいので気をつけましょう。

・花嫁・花婿さんの話をしっかり聞くことが大切です。「聞き上手」になるためには、相手の立場に立って、同じ目線で話を聞くことが大切です。

・営業をする時のポイントは、物を売ろうとしないことです。まずは、「自分を売る」ことが大切です。「○○さんから物を買いたい」、そんな気持ちにさせることが大切です。

 

スタッフの皆様が出演して作成されたシミュレーションウエディングパーティーのエンドロールを拝見すると、ウエディングプランナーの仕事が想像できそうでした。最後に、パティシエの特別なスイーツと薫り高いアッサムティーで、フランス式ティータイムのマナーを学びました。

 

fashion_no20_01s.jpg
レストランの入り口から
館内見学スタート

 

fashion_no20_02s.jpg
エントランスのフラワーアレンジメント

 

fashion_no20_03s.jpg
フランス的な豪華なシャンデリア

 

fashion_no20_04s.jpg
花嫁のブライズルーム

 

fashion_no20_05s.jpg

フランスのサロン風な赤を基調にしたインテリアのウエイティングスペース

fashion_no20_06s.jpg

館内を説明してくださる川田マネージャーと熱心にメモをとる学生たち

fashion_no20_07s.jpg

白いチャペルは、壁がベージュのストーンタイル張りです。

fashion_no20_08s.jpg

パリの最高級レストランのイメージで作られた空間で講義を受けました。

fashion_no20_09s.jpg

ヴェルサイユ宮殿の絵柄で織られたタペストリーの前で講義される小川先生

fashion_no20_10s.jpg

fashion_no20_11s.jpg

同じものがチェコのドボルザークミュージアムにあるという、アンティークの白いペトロフのピアノを学生が弾かせていただきました。

fashion_no20_12s.jpg

fashion_no20_13s.jpg

パティシエ手作りスイーツと薫り高いアッサムティーで、フランス式ティータイム

 

普段の大学の教室では感じられないオーセンティックな空間で、情熱的にお仕事に取り組んでいらっしゃるスタッフの皆様の様子に触れながら、五感で体験できる素晴らしい学外授業になりました。

 

担当 服飾芸術科 准教授 高田 葉子