TOITA FASHION NEWS
TOITAファッションニュース

『TOITAファッションニュースNo.16』 を更新しました。

『TOITAファッションニュースNo.16』

 

『インターンシップ』

 

学生が在学中に、将来のキャリアに関する就業体験を行うことをインターンシップと言います。
夏休みや春休みに、企業実習を行い、働くことの意味を理解し、自分の能力や資質がどんな仕事に向いているかを学びます。
今年の夏休みに、1年生が体験している様子を、下の写真でご覧ください。

 

fashion_no16_01.jpg fashion_no16_02.jpg fashion_no16_03.jpg

(株)ポーラ
美容関係の仕事でお客様にハンドマッサージをしています。

(株)マイム
ウエディングドレス選びをお手伝いするために、ドレスの整理をしています。

(株)フリーズインターンナショナル
アパレル販売職で、店頭に立ち接客をします。

                         
仕事の内容は会社によってもさまざまです。実際の働く現場を見て、自分の適性を確かめ、仕事への意識を高めます。

 

fashion_no16_04.jpg fashion_no16_05.jpg fashion_no16_06.jpg

ヒルトン東京ベイ
ホテルのウェディングパーティの準備を任され、グラス磨きをしています。

ジャパンスタイルデザイン(株)
書籍、雑誌等のデザインの仕事を行います。調査した内容をプレゼンしています。

(株)ナルミヤインターンナショナル
子供服の販売職で、店頭に立ち接客をします。

 

それぞれの分野で実習を行ってきた学生からは、「自分の将来の目標が少し見えてきた」「自分に足りないものがわかった」など、今回インターンシップで学んだことや経験したことを生かして、今後の就職活動に取り組んでいきたいという感想が多く上がってきています。

 

担当 服飾芸術科 教授 片野 靖子