ABOUT ABOUT

沿革・歴史

1902年2月(明治35年) 戸板関子により芝公園に戸板裁縫学校を設立
1911年(明治44年) 戸板裁縫学校に高等科新設
1916年4月(大正5年) 戸板裁縫学校に高等師範科新設
三田高等女学校を開設
1921年(大正10年) 三田高女洋式制服採用
戸板学園校歌制定
1923年3月(大正12年) 夜間制の三田博和女学校開設
4月 大森に城南女学校創設
1924年4月(大正13年) 付属城南幼稚園開設
1926年4月(大正15年) 大森高等女学校開設
1928年3月(昭和3年) 清操寮完成
1931年12月(昭和6年) 学園創立30周年記念式典、 記念校舎落成祝賀会挙行
1932年3月(昭和7年) 城南女学校を城南高等家政女学校と改称
1934年1月(昭和9年) 本校舎(旧中高部校舎)落成
1937年4月(昭和12年) 三田高等女学校から戸板高等女学校と校名を変更大正10年制定の白い襟のセーラー服から現在のセーラー服に改められる。
1945年4月(昭和20年) 大森高女、戦災により校舎全焼
5月 三田本校舎戦災により内部焼失
9月 学校再開、戸板、大森高女始業式
本校舎の修復再建開始
1946年2月(昭和21年) 戸板裁縫学校、戸板女子専門学校に昇格
被服科を設置
4月 英文科を併設
1947年4月(昭和22年) 新制度により、戸板高等女学校を戸板中学校・戸板女子高等学校に改組
1948年3月(昭和23年) 大森高等女学校を戸板女子高等学校に併合
戸板女子専門学校に生活科を併設
1950年4月(昭和25年) 戸板女子短期大学発足
被服科・生活科・英文科・別科(昼間、夜間)を設置
1965年3月(昭和40年) 短大八王子校舎落成
1966年7月(昭和41年) 富浦海浜寮開設
1973年4月(昭和48年) 戸板服装学院を服飾研究所に改称
1983年4月(昭和58年) 短大被服科・英文科を三田校舎に、生活科を八王子校舎に学科統合
1983年11月(昭和58年) 伊皿子に清操寮完成
1992年10月(平成4年) 学園創立90周年記念式典挙行
1993年4月(平成5年) 中学校・高等学校、世田谷区用賀へ移転
1998年(平成7年) 旧中高部校舎跡に短大三田新校舎完成
1998年(平成10年) 八王子校舎に新図書館完成
2000年4月(平成12年) 生活科を食物栄養科に、英文科を英語科にそれぞれ改称、ボストンのニューベリーカレッジと姉妹校提携
2001年4月(平成13年) 被服科を服飾芸術科に改称
2002年11月(平成14年) 学園創立100周年記念式典挙行
4月(平成14年) 英語科を国際コミュニケーション学科に改称
2003年4月(平成15年) 専攻科 食物栄養専攻開設
2004年4月(平成16年) 食物栄養科・専攻科、三田校舎へ移転