SEMINAR
地域・企業連携・食育ゼミ

・・・
  • 四つ葉アイコン
  • やちよ村と「青トマトのジャム」を共同企画・開発しました。

  • やちよ村と青トマトジャムを共同企画・開発
  • 食物栄養科 西山ゼミが、やちよ村、ふなばし工房のサポートにより、学生が考え、調べ、意見を出し合いながらレシピを作り上げたものです。西山ゼミの学生たちは、業界研究や商品開発の基礎を学んだほか、生産農家や製造メーカーに直接足を運び、担当者や生産者と意見交換を行い、完成させました。
    丸の内KITTEで期間限定で開催された千葉県アンテナショップ「千葉 I・CHI・BA」(現在はイベント終了)や東葉高速 勝田台駅、八千代緑が丘駅などで販売をしています。
  • 四つ葉アイコン
  • 食育ゼミが毎年「芝祭り」へ出店しています。

  • 芝祭りへの出店
  • 芝公園で開催される「ふれ愛まつりだ、芝地区!」に食物栄養科の学生が参加しています。
    そば打ち体験や野菜クッキーやスノーボールを販売し、たくさんの地域の方々とも触れ合うことができ、また本学の食育ゼミナールの活動についても知っていただくことができる貴重なイベントです。
  • 四つ葉アイコン
  • 大人気の「スイーツパラダイス」とコラボカフェを企画しました。

  • スイーツパラダイスに期間限定コラボレーションカフェをオープン
  • 食物栄養科の学生が。スイーツパラダイスSoLaDo原宿店、スイーツパラダイス新宿ミロード店の2店舗でコラボレーションカフェを企画しました。
    従来のスイーツパラダイス食べ放題のメニューにプラスして、戸板女子短期大学の学生が考案したオリジナルコラボメニューの提供、戸板女子短期大学の世界観を楽しんでいただく装飾で店舗ジャックをしました。
・・・

「食育」とは、健全な食生活を送るために必要な食事の管理能力を養う教育のこと。肥満や生活習慣病の増加、新たな食の安全上の問題など、「食」を取り巻く環境変化にともない、家庭、学校、地域、企業活動において「食育」が注目されています。戸板では、「食育」に関するゼミナールを積極的に開講。健康的で心豊かな暮らしに貢献できるスペシャリストを養成しています。

  • 先生アイコン
  • 食の安全と健康に関わる遺伝子の分析

    大塚ゼミ:大塚 譲 教授

試薬や遠心機を用いて「お米の遺伝子分析」をおこなうほか、「大腸菌の遺伝子実験」では、微生物遺伝子検査を通して、特異的に存在する遺伝子配列を見つけ、大腸菌が存在するかどうかを明らかにします。さらに「棚田米の研究」では、日本農業の歴史ともいえる棚田ならではの特徴や役割などを研究しています。

  • 食の安全と健康に関わる遺伝子の分析
  • 食の安全と健康に関わる遺伝子の分析
  • 先生アイコン
  • 地域活性化につなぐ、野菜を用いた商品開発

    西山ゼミ:西山 良子 教授

西山ゼミでは芝ファームで収穫を体験することで食への理解を深めていきます。収穫した食材を使って商品開発をおこない、芝まつりなどの地域イベントや戸板祭で販売。お客さまとの交流のなかで食育を実践しながらコミュニケーションの大切さを学びます。

  • 地域活性化につなぐ、野菜を用いた商品開発
  • 地域活性化につなぐ、野菜を用いた商品開発
  • 先生アイコン
  • 乳幼児の栄養

    増野ゼミ:増野 弥生 教授

食物アレルギーをもつ子どもたちが急増
乳幼児のアレルギー対応食を開発
日本では食物アレルギー児が増える傾向にあり、食物アレルギー児たちにとっては、本来、栄養補給や楽しみである「食」が大きな負担になっています。増野ゼミでは、子どもの食物アレルギーを調べていくなかで、アレルギーの代替食品に着目しました。米粉をはじめ、ホワイトソルガム、タピオカ粉、乳アレルギー用粉ミルクなどを用い、間食や軽食を試作・検討しながら代替食のレシピを開発しました。ゼミでは食物アレルギーの原因食品や誘発症状、企業のアレルギーへの取り組みなどについて理解を深めています。

  • 乳幼児の栄養
  • 乳幼児の栄養
  • 先生アイコン
  • 地域の子どもを対象にした食育活動

    西山ゼミ:西山 良子 教授

「ご近所ラボ新橋」や「芝の家」との連携による、地域の子どもを対象にした食育活動を実施。子どもの食育のために「何ができるのか」を考え、ワークショップをおこないました。また、他大学や卒業生協力のもとウェブでの食育活動を研究。システムの特性を活かしてどのような栄養サポートができるか検討しています。

  • 地域の子どもを対象にした食育活動
  • 地域の子どもを対象にした食育活動
  • 先生アイコン
  • ハーブ菜園作りと地域のお弁当のレシピ開発

    川嶋ゼミ:川嶋 比野 講師

ガーデン班は、ハーブガーデンのデザインや芝ファームで栽培したハーブを使用した料理やグッズの開発を行いました。メニュー開発班は、「㈱レーベン」様の新規お弁当宅配事業のレシピ開発に取り組みました。顧客のターゲットやお店の設備も考慮のうえ、フードコーディネーターの立場としてのメニュー提案をおこないました。

  • ハーブ菜園作りと地域のお弁当のレシピ開発
  • ハーブ菜園作りと地域のお弁当のレシピ開発
  • 先生アイコン
  • パンを通して「食」の理解を深める

    高橋ゼミ:高橋 真美 講師

パン研究や商品開発の経験を食育に展開パン製造の実習をおこない、生地と素材のバランス、焼成パンまでの技術を習得。バラエティブレッドの実習では、開発コンセプトシートに基づいたパン製造を実習し、発案と実際を検証するスキルを身につけます。東京ガスの「食育講座」などに参加します。

  • パンを通して「食」の理解を深める
  • パンを通して「食」の理解を深める
  • 先生アイコン
  • ライフステージに合わせた食育の実践

    北村ゼミ:北村 暁子 助教

保育園で働く栄養士の指導のもと、園児を対象にした食育を実施しました。食育の実践を通してコミュニケーション能力を高め、効果的な食育の技法を身につけることをめざしています。

  • ライフステージに合わせた食育の実践
  • ライフステージに合わせた食育の実践