履修モデル・・・

  • アパレルビジネス
  • アパレルデザイン
  • ウェディング
  • ビューティー
  • エンタテインメント
タイトル装飾

アパレルデザインモデル

タイトル装飾 アパレルデザイン

次世代の流行を生み出す力を身につけ、
将来はファッションデザイナー・パターンナー・ブランドディレクターへ

3つのポイント

・・・point・・・

  • Point1

    幅広いデザインスキル修得

    ファッションの基礎知識から作品制作まで幅広いスキルを修得します。

  • Point2

    一流講師陣の授業

    現役のファッションデザイナーやパタンナーからロジカルシンキングを身につけます。

  • Point3

    業界で活躍する力

    早期からの自己分析と企業研究で自身の強みと弱みを明確に卒業後の働く姿を思い、長所をのばします。

目指す職種:

  • ファッションデザイナー
  • パタンナー
  • 服飾雑貨デザイナー
  • 商品企画担当
  • ソーイングスタッフ
  • ファッションアドバイザー

卒業生の声

・・・graduate・・・

  • 卒業生の声

    中村 陽奈 さん

    国際コミュニケーション学科 2010年卒業
    東京都 朋優学院高等学校 出身

  • 株式会社チュチュアンナ
    デザイナー兼マーチャンダイザーアシスタント
    デザインした靴下を街や雑誌で見たときのうれしさは
    格別です
    靴下を中心にしたファッションアイテムを展開する会社で、デザインのほか、商品構成や販売方法を考える仕事にも携わっています。自分がデザインした靴下を街で見たときや雑誌に掲載されたときは本当にうれしいです。戸板は個性や興味を伸ばせるのびのびした環境。取得した色彩検定の知識など、戸板の2年間がいまの仕事に活かされています。

2年間の流れ

・・・flow・・・

  • 2年間の流れ
  • 2年間の流れ

授業

・・・class・・・

  • Point1 服飾造形1~4

    服飾造形1~4

    実習を通じて段階的に服飾造形の知識や技術を修得します。身体サイズの計測からはじめ、衣服ができあがる工程を理解。体型や個性を生かし作品づくりに取り組みます。

  • Point2 服飾造形論

    服飾造形論

    衣服の起源・変遷・形態から人体の構造、立体構成、商品知識、衣料の生産と流通まで取り上げます。人体と衣服との関わりを体型からサイズ寸法、布地の扱い、裁断・縫製の知識を修得します。

  • Point3 パターンメーキング

    パターンメーキング

    パターンとは衣服の土台となる製図の技術です。このパターンの基礎となる原型を学生個人のサイズで作図します。それぞれの原型を使用してデザイン別に対応したパターンの展開や製図理論を学習します。

編集プログラム

・・・program・・・

ESMOD JAPONとの連携

戸板では、「社会人基礎力」「ファッションの基本」を身につけ、卒業後、ESMOD でさらにファッションの専門技術を学ぶプログラムを用意。デザイナーやパタンナー、バイヤーなどファッション業界で幅広く活躍するチャンスが広がります。

  • 2年次Wスクール受講プログラムを用意
  • ESMOD JAPONの入学金・受験料免除

1週間の時間割(例)

・・・timetable・・・

  • 1年後期

    ・・・

    ※平成28年度カリキュラム

  • 2年前期

    ・・・

    ※平成28年度カリキュラム