資格取得一覧[食物栄養科]

国家>>>国家資格 公的>>>公的資格 民間>>>民間資格

取得目標資格

所定の単位を修得することで受験資格を得られる

栄養士 国家 保育園、福祉施設、病院、企業の社員食堂等で献立作成・栄養指導を行う栄養士免許が取得可能。病院や企業、スポーツクラブやクアハウス、食品メーカー等求められているフィールドは広い。4年の実務経験後、管理栄養士国家試験の受験資格が与えられる。
フードコーディネーター
3級
民間 食に関するあらゆる側面をフォローし、効果的に演出する仕事が多く、テー ブルコーディネーターや料理研究家を兼ねることも多い。レストランや食品メーカーでのメニュー開発・商品企画・パッケージデザイン・食空間デザイン・販売 戦略などを手がけ、フードスタイリストと呼ばれることもある。

取得するために授業で指導するなど対策を講じている資格

フードスペシャリスト 民間 食物や食生活に関する専門知識と技能で新製品開発、指導やアドバイスを行うフードスペシャリスト資格が取得可能。外食産業、コンビニ等の食品流通業、食品メーカー等から期待が高まっている。日本フードスペシャリスト協会が認定。

取得目標資格

取得するために授業で指導するなど対策を講じている資格

家庭料理技能検定 公的 家庭料理についての知識と技術の向上を目的とする文部科学省認定資格。4級から1級まであり、目標は2,3級。
食生活アドバイザー検定 民間 食に関する幅広い知識を持ち、メニュー提案・商品開発・栄養指導などを行う食生活のスペシャリストで、フードスペシャリストとの類似点が多い。企業がバックにあり、実務的な教育内容になっている。
マイクロソフトオフィススペシャリスト 民間 多くの企業で使用されているMicrosoft Office(Word/Excel/Powerpoint/Access)を使用する能力レベルを証明する資格。世界各国で実施され、合格基準も統一されているので認定書はワールドワイドで通用する。本学では全面的にバックアップ。
ITパスポート試験 国家 ITパスポート試験は、社会人が共通に備えるべき情報技術、「情報技術の知識を活用し付加価値を生み出す視点」、「ネットワーク社会において安全に活動するための基礎知識」、「企業のコンプライアンス向上に資するための基礎知識」を測定するための試験。
簿記検定 民間 簿記に関する基礎知識、実務、計算の能力を判定するための検定試験。まずは、3級を目標。